ディオーネ快勝 里リーグ最少の66球完封

[ 2017年4月25日 05:30 ]

兵庫ディオーネ・里
Photo By スポニチ

 ヴィクトリアシリーズ1試合が行われ、兵庫ディオーネが京都フローラを3―0で破った。里が7回を散発4安打に抑える完封勝利で3勝目。初回1死二塁を切り抜け、2回以降は二塁を踏ませなかった。66球完封はリーグ最少記録で、「鉄壁の野手陣がいるので、テンポよく打たせて取ることを心掛けた」と胸を張った。

 4番・太田は初回の先制中前適時打と4回の右犠飛で2打点の活躍。「犠飛は距離が足りないと思ったが、(三塁走者の)厚ケ瀬選手がよく走った」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月25日のニュース