PR:

広島・九里 138球力尽く 緒方監督「結果は監督の責任」

セ・リーグ   広島1―2阪神 ( 2017年4月16日    甲子園 )

<神・広>8回2死、原口に左前適時打を浴び、高山に勝ち越しの生還を許す九里
Photo By スポニチ

 広島・九里は勝負どころで粘れず、開幕3連勝を逃した。

 7回までは2安打1失点で10奪三振。だが、同点のまま続投した8回にピンチを招き、原口に勝ち越し打を浴びて降板。138球で力尽き「あそこで抑えないと」と唇をかんだ。打線も序盤の好機で攻めきれず、今季最少の1得点。4回以降は無安打と完全に沈黙した。今季初の3連戦負け越しとなり、緒方監督は「試合の結果は監督の責任」と言い残し、足早にバスに乗り込んだ。

[ 2017年4月17日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月19日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム