藤浪 超乱調9四死球…金本監督いら立ち「どうしようもない」

[ 2017年4月5日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1―3ヤクルト ( 2017年4月4日    京セラD )

<神・ヤ>5回無死一塁、畠山は藤浪(左)から死球を受ける
Photo By スポニチ

 乱闘の原因となったのは、阪神・藤浪の制球難だ。4回まで毎回の8四球。相手の拙攻に助けられて5回2失点ながら、9四死球では味方の攻撃にもリズムが生まれない。奪三振0はプロ入り初めて。「最後まで自分のフォームで投げられなかった。勝負以前の問 題。ストライク取るのに必死でした」とうなだれた。

 直球は抜け、変化球も操れない。ベンチでひと息入れても、状態は上向かない。乱闘の際には顔面そう白。「ああいうところで(球が)抜けるのは良くない。畠山さんに申し訳ない」と唇をかんだ。金本監督も「ストライクが入らないからどうしようもない」と、いら立ちを隠さなかった。

 次回も通常通り、中6日の登板間隔で11日のDeNA戦(横浜)に向かう。修正する時間は多くはない。藤浪は「フォームに関してはシンプルに考えるべきかなと」と声を絞り出した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年4月5日のニュース