メッセ助っ投最多タイの開幕2勝目「チームメートに感謝したい」

[ 2017年4月1日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神10―6広島 ( 2017年3月31日    マツダ )

<広・神>5回2死、新井から空振り三振を奪ったメッセンジャーは手をたたいて喜ぶ
Photo By スポニチ

 雨の影響で試合開始は30分遅れ、真冬を思わせるほど敵地のマウンドは冷え込んだ。重なった逆境に負けず、メッセンジャーが力投した。

 「寒かったり、試合開始が遅れたけど、心配してられないし、相手も同じだと思ってうまく気持ちをコントロールしてマウンドに上がった」

 初回、いきなり2点の援護をもらい、燃えないはずがなかった。1死から菊池に遊撃内野安打を許しても、動じない。丸を直球で空振り三振に仕留めると、新井もスライダーで左飛と無失点で立ち上がりを終えた。

 自身3年連続、外国人投手としては最多となる4度目の開幕投手は必然だった。昨秋、米国へ帰国する直前に金本監督から「しっかり鍛えてきてくれ」と肩を叩かれた。指揮官からの激励は「来年も開幕を頼む」と聞こえた。母国では、山登りや斧で木を切る独自のトレーニングで体幹を強化。自身最軽量となる109キロの絞った体は、決意の表れだった。

 春季キャンプ最終日には監督から「大役」を通達された。「開幕投手に値する投手だということをチームに示したい」。エースとしての誇りを白球に込めて腕を振った。

 2回に1点を失ったが打線の追加点にも勇気をもらい、要所は締めた。6回に味方の失策から3連打を許し5回0/3、7安打4失点(自責2)で降板も「ゲームは作れた」と意地は見せた。開幕戦はこれで2勝目となりブロス(ヤクルト)に並ぶ外国人投手最多。節目の通算200試合登板を勝利で飾った。

 「チームにとっても開幕戦を勝てたことは大きいし、自分の勝ちも付いた。チームメートに感謝したいね」

 打線に“借り”を作った開幕の夜。快投でお返しする日は、すぐにやってくるはずだ。(遠藤 礼)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年4月1日のニュース