オランダ 右肩故障で打撃好調グリゴリアス離脱

[ 2017年3月21日 05:30 ]

 オランダのグリゴリアス(ヤンキース)が右肩の故障により登録から外れ、精密検査のためヤ軍のキャンプに戻った。本来は遊撃手だが、今大会ではDHとして6試合で打率・348(23打数8安打)、1本塁打、8打点の好成績を残していた。

 決勝トーナメントから昨季ナ・リーグ2位の47セーブを挙げたドジャースの守護神ジャンセンが合流する半面、攻撃面では大きな痛手となった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年3月21日のニュース