胃がん闘病中の広島・赤松 今年初のユニ姿「やせたなと思った」

[ 2017年3月19日 09:04 ]

オープン戦   広島3―4日本ハム ( 2017年3月18日    マツダ )

<広・日>チャンピオンリング贈呈式で赤松(左)と握手を交わす黒田氏
Photo By スポニチ

 胃がんからの復帰を目指す広島・赤松が、試合前に行われた昨季リーグ優勝リングの贈呈式に参加した。

 「ベンチに入れてよかった。試合前ノックの雰囲気を楽しめた。ユニホームを着るのは今年初めて。ブカブカだったので、やせたなと思った」。すでに筋力トレーニングやランニングを再開しており、抗がん剤投与が終わる7月から本格的なトレーニングを再開する予定だ。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年3月19日のニュース