侍J・山田、渡米初練習で快音 快眠で時差ボケなし

[ 2017年3月18日 10:23 ]

 山田(ヤクルト)は打撃練習を行い、広角に打ち分けて柵越えも見せた。2次リーグのキューバ戦で2本塁打を放つなど調子は上向きで「今更どうこうしても、あまり変わらないと思う」と自然体を強調した。

 時差ぼけについても「全然」と気にならないようで、睡眠は7時間以上取れたという。2試合の練習試合に向け「普通にけがなくやれれば」と淡々と話した。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年3月18日のニュース