中日 走塁改革ええがね!2回もスクイズ決めた

[ 2017年3月18日 05:30 ]

オープン戦   中日4―8阪神 ( 2017年3月17日    ナゴヤドーム )

<中・神>7回1死二、三塁、石岡が投前にスクイズを決める
Photo By スポニチ

 オープン戦初のスクイズを決め、中日・森監督が掲げる走塁改革の一端を見せた。

 2―0の6回1死一、三塁で遠藤、3―0の7回1死二、三塁では石岡がセーフティースクイズを遂行。遠藤が「キャンプ中からサインプレーを重点的にやっている。今後もしっかりやりたい」と話せば、指揮官は「開幕も近づいてきたし、そういう作戦があり得るということは選手にもコーチにも伝えてあった」と手応えを強調した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年3月18日のニュース