イチロー 今季16打席目で初三振 Tシャツは肉シリーズ第5弾

[ 2017年3月15日 05:30 ]

オープン戦   マーリンズ4-6メッツKAPPA ( 2017年3月13日    ポートセントルーシー )

キャンプ施設に向かうマーリンズのイチロー
Photo By 共同

 マーリンズのイチローがオープン戦6試合目、16打席目で初三振を喫した。

 4回の第2打席、中継ぎ左腕エジンの変化球にバットが空を切った。残りの2打席の内容はまずまず。第1打席は昨季14勝の本格派右腕シンダーガードの97マイル(約156キロ)を芯で捉えたが、二塁正面へのゴロ。7回は右腕グセルマンのスライダーを引っ張った痛烈なゴロが、これも一塁の正面をついた。オープン戦には出場せずに調整に専念する予定の14日(日本時間15日)は、肉シリーズ第5弾となる「タン塩」と書かれたTシャツで球場入りした。(笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月15日のニュース