PR:

えっ?何が?…山田の左翼への当たりを観客キャッチ、ビデオ判定で二塁打に

<日本・キューバ>4回2死二塁、観客がキャッチした打球は二塁打と判定され戻る山田
Photo By スポニチ

 世界一奪還を目指す侍ジャパンは7日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンドB組の初戦に臨み、東京ドームでキューバと対戦。1―1で迎えた4回裏、侍ジャパンの攻撃で、日本にとってモヤモヤするシーンがあった。

 初回、2死二塁から4番・筒香(DeNA)の適時打で日本が先制し、3回に追いつかれて迎えたこの回。2死二塁で打席に入ったのは「1番・DH」で先発していた山田(ヤクルト)だった。

 二塁に松田(ソフトバンク)を置き、カウント2ボール1ストライクからの4球目。山田が真ん中スライダーを叩いた打球は左翼スタンドへ向かってぐんぐん伸び、フェンスを越えたように見えた。勝ち越し2ランと確信した日本ベンチは小久保監督やコーチ、選手たちが立ち上がって大喜び。だが、山田が二塁ベースを回ったあたりでキューバからアピールがあり、試合はストップ。審判団はビデオ判定に入った。

 結局、左翼スタンドに陣取っていた観客がフェンスからグラウンド側にグラブをはめた手を伸ばしてキャッチしたとみなされ、山田の打球は二塁打に。二塁走者の松田は生還し、日本が2―1と勝ち越しには成功したが、山田の打球は観客が捕球しなければフェンス上部に当たってグラウンドにハネ返っていたか、フェンスオーバーしていたか微妙な当たりで、この後の試合展開しだいでは物議を醸しかねない状況となった。

[ 2017年3月7日 21:06 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月24日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム