ロッテ涌井 開幕投手に決定!3年連続8度目 7日に伊東監督が通達

[ 2017年2月13日 05:30 ]

ダミアーニのペンダントを揺らしながらブルペンで投げ込む涌井
Photo By スポニチ

 ロッテの涌井秀章投手(30)が3月31日のソフトバンクとの開幕戦(ヤフオクドーム)に先発することが12日、分かった。7日に伊東監督が通達していた。涌井は15年から3年連続。西武時代と合わせると、自身8度目の開幕投手となる。

 昨年の日本ハムとの開幕戦(QVCマリン)は7回無失点で白星を挙げ、現役投手では最多の開幕戦5勝をマークしている。今季は「どの成績も過去最高を残したい」と07年の17勝を上回る18勝を目標に掲げる右腕に対し、伊東監督も「エースとしての役割を期待している」と大事なマウンドに送り出す。

 涌井はこの日ブルペン入りし、今キャンプで初めて100球を超える投げ込み。「徐々に上げていくこと。今は試合に入れる投球を心掛けています」と話しており、大役に向けて順調に調整を進めている。ソフトバンクと敵地で対戦する開幕戦で、エースがチームに今季初勝利をもたらす。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年2月13日のニュース