広島・堂林「どこでもやる」1時間必死の外野特守

[ 2017年2月4日 05:30 ]

丸(右)、安部(左)とともに外野特守に参加した堂林
Photo By スポニチ

 広島・堂林が日南キャンプ3日目で初めて外野特守に挑み、左右翼と中堅すべてに就いて約1時間に渡って打球を追った。

 「どこでもやる。どこでもいいので試合に出られるようにしたい。(守備走塁コーチの)河田さんや丸さんに言われることを一つ一つ覚えながら、少しでも成長できれば…」。シートノックには一塁で参加。今春は“本職”だった三塁練習がなく、背水の8年目へ強い覚悟をにじませた。

 緒方監督は「出るため。いろんな所を守らないと出られない」と強調。打撃は弟子入りした新井そっくりのフォームに手応えを深めていて「優勝はうれしかったけど、フィールドに居られなかったので、心の底から喜べない自分がいた。新しい自分を見せたい。自分自身に楽しみを感じています」と前を向いた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年2月4日のニュース