カブス上原、ムネリン再契約残留喜ぶ「凄くありがたい」

[ 2017年1月21日 19:56 ]

ストラックアウトで子供たちと対決した上原
Photo By スポニチ

 カブスの上原浩治投手(41)が21日、福島県郡山市内で「東邦銀行創立75周年特別企画 恩返し夢教室inふくしま 〜がんばれ!ふくしまの野球少年!!〜」と題した野球教室とトークショーを行った。

 41歳右腕は、川崎宗則内野手(35)がマイナーでカ軍と再契約して残留したことについて「日本人がいるのは自分の中で凄くありがたいし、やりやすい」と喜んだ。06年WBCではチームメートとして世界一を経験。昨季108年ぶりのワールドシリーズ制覇を果たしたカ軍でも、ともに世界一連覇に挑む。

 上原は「お互いがちゃんとメジャーに残れるように頑張らないといけないし、キャンプでどうアピールするか」と気合を入れていた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年1月21日のニュース