大野 2年連続開幕投手狙う「オレが投げるんだという気持ち」

[ 2017年1月16日 05:30 ]

 ナゴヤ球場で中日の選手会合同自主トレがスタートした15日、選手会長大野が2年連続2度目の開幕投手を狙うことを宣言した。

 「オレが投げるんだという気持ち。プレッシャーになるのは承知の上。負けないようにというところ」。これまでは「全員で競えばいい」というスタンスだったが、昨年12月、京都の野球教室で波留打撃コーチらから背中を押された。「“狙っていかなアカンやろ”と言われました。そうだな、と」。この日は室内のブルペンで立ち投げ25球。昨季は初の開幕投手で勝ち星を手にしたが、シーズン中に左肘痛で離脱し7勝10敗に終わった。

 開幕争いは若松も名乗りを挙げており、吉見が本命との見方もある。横一線を強調してきた森監督は「やりたい人がやったらいい。大野がそう言ってくれるなら考える」と歓迎。オープン戦時に決定する見込みだ。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2017年1月16日のニュース