工藤監督二刀流 高校以来の右翼守備で飛球処理

[ 2017年1月16日 05:30 ]

「名球会フェスティバル2017in宮崎」東西対抗戦

<名球会東西対抗戦>4回、ライトの守備につき福留の左飛をを捕球するソフトバンク・工藤監督
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの工藤監督は「投」と「守」の二刀流で盛り上げた。先発マウンドに上がり、2回を7安打5失点。降板後は右翼の守備に就き、飛球を2つ処理するなど最後まで守り通した。

 「(右翼守備は)高校時代以来。オールスターでレフトを守ったことがあるから、あとはセンターだけだね」と外野全ポジション制覇への意欲を口にした。「ケガ人も出なかったし、楽しくプレーできて良かった」と気持ちよさそうに汗を拭った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年1月16日のニュース