DeNA開幕投手は石田!ラミレス監督が指名「エースとして」

[ 2017年1月9日 12:17 ]

DeNA・ラミレス監督から開幕投手を託された石田
Photo By スポニチ

 DeNAのラミレス監督は9日、今季開幕となる3月31日のヤクルト戦(神宮)の先発を石田に託すことを明言した。

 この日は神奈川県横須賀市内のベイスターズ球場で開催された新人合同自主トレに出席。かねてより、9日に開幕投手を明言するとしており「2017年の横浜DeNAベイスターズの開幕投手は石田健大になります。エースとして、役割を果たしてくれると思う」と語った。

 3年目を迎える石田は、昨季25試合に登板。9勝4敗、防御率3・12の成績を収めた。9勝は国内FA権を行使して巨人に移籍した山口俊に次ぐ、チーム2位の勝ち星だった。

 指揮官は「昨季は“2年目のジンクス”という言葉があるように、難しい中でよくやってくれた。優勝に貢献してくれると信じている」と23歳左腕に期待を寄せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年1月9日のニュース