中後 Dバックスメジャーキャンプ招待濃厚!夢の舞台まであと半歩

[ 2016年12月31日 06:00 ]

ダイヤモンドバックスの春季キャンプに招待参加することが濃厚となった元ロッテの中後
Photo By スポニチ

 今季ダイヤモンドバックス傘下マイナーでプレーした元ロッテの中後悠平投手(27)が、来年2月にアリゾナ州スコッツデールで行われるダ軍のメジャーキャンプに招待されることが29日(日本時間30日)、濃厚となった。大リーグ関係者が明らかにした。

 今年4月に渡米し、ルーキーリーグからスタートした中後は、8月に3Aに昇格し、登板全13試合で無失点。自身も「(メジャーに)あと一歩のところまでいけた」と手応えを感じていた。今月上旬のウインターミーティングでは、00年にヤクルトに所属したトーリ・ロブロ新監督が日本報道陣に逆取材。右左は違うが、同じサイドスローの中後について「私が一緒にプレーした高津と似たタイプなのか?」などと期待を膨らませていた。

 指揮官は救援陣について「みんなにチャンスがある」としている。今季の救援防御率は4・94で30球団中27位。先発を含む対左打者の防御率は5・18で同30位で、左の中継ぎ投手も手薄だ。メジャーキャンプに招待されれば、3月のオープン戦でテストされることになる。過酷なサバイバルが待ち受けるが、そこで結果を残せば、開幕メジャーの可能性も十分ある。

 マイナー契約ながら専属通訳が付く好待遇。開幕メジャーを勝ち取り、年間通してプレーすれば年俸53万5000ドル(約6260万円)となる。日本選手は95年の野茂から22年連続で新たな大リーガーが誕生。1年前、年末恒例のテレビ番組「プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達」への出演をきっかけに米挑戦への道が開けた変則左腕がアメリカンドリームをつかみ、日本選手の連続デビュー記録を継続させるか注目される。

 ◆中後 悠平(なかうしろ・ゆうへい)1989年(平元)9月17日、大阪府生まれの27歳。近大新宮3年夏は和歌山大会8強で甲子園出場はなし。近大では2年春に3勝を挙げMVP。3年時には世界大学野球の日本代表に選出された。11年ドラフト2位でロッテに入団。12年4月22日西武戦(QVCマリン)で初勝利。昨季限りで戦力外となった。通算成績は37試合で2勝2敗、防御率5・68。1メートル83、76キロ。左投げ左打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月31日のニュース