元阪神・井川慶、独立L・兵庫と練習生契約「まだまだ負けられない」

[ 2016年12月22日 12:30 ]

兵庫ブルーサンダーズの入団会見でボールを手にポーズをとる井川慶
Photo By スポニチ

 元阪神で03年に沢村賞にも輝いた井川慶投手(37)が22日、独立リーグの兵庫ブルーサンダーズと選手契約を結び、三田市内で会見を行った。背番号は29に決まり、「今年1年間ずっと練習をしてきて、野球に対する思いがまだまだ残っている。来季、ブルーサンダーズの力になれるように頑張りたい」と抱負を口にした。

 井川は15年限りでオリックスを自由契約となり、今年は同チームで練習に参加してきた。今回は練習生としての正式契約で、今後は体調が整えばリーグ戦に出場できる本契約を結ぶ予定。将来的なNPBへの復帰について、「まだ先のことは考えていない。まずは来年しっかり投げられる体をつくって、1シーズンを投げたい」と話した。阪神では独立リーグから復帰を果たした藤川もおり、「同世代が頑張っているので、まだまだ負けられない気持ち」と刺激を受けていることを明かしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年12月22日のニュース