日本ハム・斎藤 背番「1」変更に「身の引き締まる思い。球団の配慮に感謝」

[ 2016年12月21日 12:32 ]

日本ハム・斎藤佑樹
Photo By スポニチ

 日本ハムは21日、斎藤佑樹投手(28)、岡大海外野手(25)、村田透投手(31)の3選手の背番号を発表した。

 「18」から「1」に変更となった斎藤は「1番を提示されたときには、より一層身の引き締まる思いになりました」とコメント。「このような球団の配慮には感謝の気持ちでいっぱいです。この背番号に責任感を持ち、期待に応えるチャンスを頂いたので精一杯頑張ります」と7年目となる来季への意気込みを語った。

 岡は「31」から「18」に。「入団してから怪我が続いていたので心機一転、新しい番号でチームに貢献できるよう頑張ります。『18』という数字は野球界ではエースナンバーなので、責任を持って自分らしいプレーをしていきたいと思います」とコメント。

 インディアンス3Aから日本ハムへ入団し、7年ぶりの日本球界復帰となった村田は「31番を譲り受け、大変嬉しく思います。ファンの方々にこのナンバーをしっかり印象づけるには、優勝に貢献する以外にありません。やるべきことはひとつ。『31』に恥じぬ活躍をするのみです」と力強く語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月21日のニュース