矢貫氏 再出発は巨人球団職員「自分の中で区切りをつけた」

[ 2016年12月20日 20:06 ]

 今季限りで現役を引退した元巨人の矢貫俊之氏(33)が、来年1月1日付けで、巨人の球団職員として再出発を切る。営業企画部兼運営部としてサラリーマンに転身する矢貫氏は「自信はないですけど、ジャイアンツのために何ができるかを考えながらやっていきたい。情熱をぶつける場所を与えてくれて感謝しています」と決意を口にした。

 引退後の生活については「すこぶる体調がいい。あしたから現役でやってくれと言われればできそうなくらいだが、自分の中で区切りをつけたので。いろいろな人にあいさつをしながら、次への準備を進めたい」と笑顔で話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年12月20日のニュース