楽天・今江 “いわき愛”で定位置譲らん!同市出身の内田と三塁争い

[ 2016年12月15日 05:30 ]

幸子夫人(右)と「かねまん」のかまぼこを食べる今江
Photo By スポニチ

 楽天の今江が東日本大震災で被災した福島県いわき市を訪問。小学校2校を回り、児童たちと触れ合うなどした。

 移籍1年目の今季は春季キャンプ直前に左ふくらはぎを痛めるなど故障が相次ぎ、出場89試合にとどまった。三塁のポジションを争う3年目の内田は同市出身。ロッテ時代の11年から訪問活動を続ける今江は「いわき出身ではないが、お世話になってきた。内田に負けないくらい気持ちはある」と“いわき愛”を強調し、「ポジションもかぶるけど負けたくない」とライバル心を燃やす。「いわきに来て毎年、元気、勇気を逆にいただいている。優勝して個人的にも成績を出して、良い報告ができるように帰ってきたい」と誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月15日のニュース