栗山監督 新協定に初言及「翔平にとってお金とか関係ない」

[ 2016年12月9日 05:30 ]

日本ハムの栗山監督
Photo By スポニチ

 日本ハム・栗山監督が大リーグの新労使協定に初めて言及。

 メジャー挑戦の時期が遅れるのではないかとの懸念について「翔平にとってお金とか関係ないと思う。どこで、どういうバッターと勝負したいかと思っているのでは」と影響を否定した。球団は5日の契約更改交渉で、18年以降のポスティングシステムによるメジャー移籍を容認。来季へ「メジャーが何が何でも欲しい、となるところまで能力を引っ張り出す責任が我々にある」と話し、大谷には「もし(メジャーへの)思いがあるのなら、このオフは本当に大事」と自覚を促した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月9日のニュース