メジャー帰りハム村田 大谷指南役に名乗り なじむコツは…

[ 2016年12月9日 05:30 ]

栗山監督(右)から帽子をかぶせてもらい笑顔の村田
Photo By スポニチ

 何でも聞いて!日本ハムに新加入した村田透投手(31)が8日、札幌市内の球団事務所で入団会見を行った。

 背番号は未定。今季はインディアンス傘下3Aコロンバスでプレーし、7年ぶりに日本球界に復帰する苦労人は、来オフにもメジャー挑戦の可能性がある大谷について「聞かれれば自分が知っている限りのことを話す。それが彼のプラスになるのなら」と指南役を買って出た。

 大学・社会人ドラフト1巡目で巨人に入団も08年から3年間で1軍登板なく戦力外となり、11年からイ軍傘下でプレー。6年間、通訳もなく最長14時間のバス移動など過酷な環境に耐えた。チームになじむコツについて「食事に誘われたら断らない。おもしろくなくても付き合う。それで可愛がられ、おもちゃのように扱われるようになった」と経験談を語った。

 もちろん戦力としても期待される。メジャー登板は15年の1試合だけだが、今季3Aでは先発、中継ぎで9勝4敗4セーブ、防御率3・78。新天地では先発枠を狙う31歳は「任されたところで仕事する」と目を輝かせた。 (山田 忠範)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月9日のニュース