西武・十亀は1000万円ダウンで更改 来季は200イニング登板目指す

[ 2016年12月6日 11:52 ]

ダウンで更改した十亀
Photo By スポニチ

 西武・十亀剣投手(29)が6日、埼玉県所沢市の西武プリンスドーム内で契約更改交渉を行い、1000万円ダウンの年俸5000万円でサインした。入団5年目の今季は21試合の登板で4勝6敗、防御率6・31と不本意な成績。渡辺久信シニアディレクターから「(同い年の)野上と2人で投手陣を盛り上げてほしい」と言われたという十亀は「僕も今年で29歳。中堅の位置にいる。自覚を持った言動、行動を心掛けたい」と話した。

 エースの岸がフリーエージェント(FA)で楽天に移籍。十亀は今季達成できなかった200イニング登板を再び目標に掲げ、「それをクリアできれば、岸さんの抜けた穴は埋まると思って頑張る」と力を込めた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年12月6日のニュース