シャーザーら30選手を発表 来春のWBC出場意向選手

[ 2016年12月6日 10:59 ]

 来年3月に開催される野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の主催者は5日、出場する意向を示している30選手を発表し、米国代表には今季2度目のサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)に輝いたシャーザー(ナショナルズ)、ナ・リーグ最優秀選手を13年に受賞したマカチェン(パイレーツ)と12年に受賞したポージー(ジャイアンツ)らそうそうたる顔触れが並んだ。

 米国は2009年の第2回大会の4強が最高で、トーリ・ゼネラルマネジャーは「勝てると思う。期待以上になるだろう」と自信を見せた。前回優勝のドミニカ共和国には今季37本塁打のマチャド(オリオールズ)、同39本塁打のカノ(マリナーズ)らが入った。

 最終メンバー提出の締め切りは来年2月6日となっている。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年12月6日のニュース