中日・大島 巨人戦でも“山口俊キラー”継続「ビシッと」

[ 2016年12月6日 05:30 ]

ラウンドする中日・大島
Photo By スポニチ

 来季も“山口俊キラー”継続だ。FA権を行使せず残留した中日・大島が5日、岐阜県内で開催されたゴルフコンペに参加。

 通算打率・348と好相性を誇る山口俊が中日を断って加入した打倒巨人を誓った。

 「(相性は)たまたまですよ。来年やってみないとわからない。打てたらいいですけど。そこ(開幕)に合わせてビシッといけるようにします」

 来季開幕(3月31日)は敵地での巨人戦。今季はDeNAの山口俊に2戦2敗していたが、大島自身は8打数3安打(・375)と打ち込んだ。通算でも46打数16安打(・348)。「そんなに打っていたのか~という感じですね」と驚いたが、開幕カードに登板する可能性もあり、「1番・大島」がでばなをくじく。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年12月6日のニュース