上原 来季へ「所属決まらない不安大きい」、WBC参加には慎重

[ 2016年12月3日 18:20 ]

 米大リーグ、レッドソックスからフリーエージェント(FA)となった上原浩治投手は3日、東京都内で来季について「所属先が決まっていない不安がすごく大きいけど、決まればそのチームのために頑張る。早く決まってほしい気持ちで練習するだけ」と語った。

 来年3月にはワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開催される。日本代表入りについては「前向きな発言をずっとしているけれど、所属先が決まっていない。決まらなければ動けない」と慎重に話した。

 この日はプロ野球巨人の高橋由伸監督と、互いに支援する少年野球大会の優勝チーム同士の対戦を観戦。同じ誕生日の巨人の元同僚から「1年でも長く選手として頑張って」とエールを送られ、高橋監督には「監督を1年経験して、どうしたらいいか分かったと思う。来年は作戦面で動いていいと思う」と期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月3日のニュース