ロッテ井口は4500万円減で更改 球界最年長の42歳「1年1年が勝負の年」

[ 2016年12月3日 12:44 ]

球界野手最年長となる井口は若干のダウンで契約更改を終えた
Photo By スポニチ

 ロッテの井口資仁内野手(41)が3日、ZOZOマリンスタジアムで契約更改交渉に臨み、4500万円ダウンの年俸1億3500万円の1年契約でサインした。

 今季は通算1000打点を達成するなど、79試合で打率.257、5本塁打、34打点。代打の切り札としても勝負強さを発揮した。

 4日に42歳の誕生日を迎え、中日・岩瀬と並ぶ球界最年長のベテランは「若い選手に負けないところを見せたい。1年1年勝負の年。勝ちに貢献できる一打を打っていきたい」と宣言した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月3日のニュース