宮西中継ぎ一本「抑えに興味はない」谷元はストッパー名乗り

[ 2016年12月3日 05:30 ]

札幌市内の球団事務所で契約を更改した日本ハム・宮西
Photo By スポニチ

 日本ハムの宮西は来季も左のセットアッパーで君臨する。今季は入団から9年連続50試合以上登板と史上2人目の200ホールドを達成。最優秀中継ぎのタイトルも獲得した。3年契約3年目の来季は1000万円増の2億円プラス出来高払いでサイン。「抑えに興味はない。自分がやると、もう一人、左が必要になる」と語り、来春WBCに向け「例年より早く投げ込む」と語った。

 3年連続50試合以上登板の谷元は2800万円増で1億円到達。こちらは対照的に「今年、何試合か抑えをやって、やりたい気持ちが芽生えた」と名乗りを上げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月3日のニュース