森監督 争奪戦“敗戦”にも不敵笑み「やれることはやった」

[ 2016年12月3日 05:30 ]

会場入りする中日・森監督
Photo By スポニチ

 中日の森監督は山口のFA交渉で巨人との争奪戦に敗れたことに「無防備で獲られるのも、しゃくじゃない?やれることはやった」と振り返った。

 指揮官の直接交渉も実らなかったが「(巨人が争奪戦となって)余分な金を使ったかもしれないじゃない?余計なことするなって思ったかもよ」と不敵な笑み。その上で「巨人にそのまま(昨季の山口の)勝ち星がプラスになることはさせないようにしないと」と続けた。この日は都内で開かれた山中正竹氏(元法大監督)の「殿堂入りを祝う会」に出席した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月3日のニュース