ベネズエラがWBCボイコット?監督解任で選手反旗

[ 2016年12月3日 05:30 ]

 中南米の強豪国であるベネズエラに、来年3月に開催されるWBCの「ボイコット騒動」が持ち上がった。メジャー通算2877安打をマークしたベネズエラの英雄で、代表を率いるオマー・ビスケル監督(49)が突如、解任。これに反発したマリナーズの右腕・ヘルナンデスら選手が連名でボイコットの声明を出した。

 ヘルナンデスは自身のインスタグラムで「ビスケルがいなければ、我々は参加しない」と表明。タイガース・カブレラらが一斉に反旗を翻す事態となっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月3日のニュース