ミコライオ、ブランコ、ポレダ、アンダーソンら自由契約に

[ 2016年12月3日 05:30 ]

 日本野球機構(NPB)は2日、各球団が来季も契約する権利を持つ保留選手名簿と、名簿から外れた自由契約選手130人を発表。球団別の自由契約選手ではオリックスの17人が最多だった。

 今季45試合に登板した楽天のミコライオや、6勝を挙げた中日のジョーダン、DeNAで5勝のモスコーソは自由契約となった。27試合の出場で3本塁打にとどまったオリックスのブランコや、巨人のアンダーソン、ポレダも名簿から外れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月3日のニュース