FA森福、巨人移籍表明「自分の挑戦をしたいと思った」

[ 2016年12月1日 20:38 ]

報道陣の取材に応じ、涙ぐむ森福允彦投手。巨人への移籍を表明した
Photo By 共同

 ソフトバンクから国内フリーエージェント(FA)宣言した中継ぎ左腕の森福允彦投手(30)が1日、巨人移籍を表明した。福岡市のヤフオクドームを訪れ、ソフトバンク球団幹部に意思を伝え「悩んできたけど、巨人で自分の挑戦をしたいと思った」と語った。プロ10年で今季を含めて5シーズンで50試合以上の登板を果たした。5日に入団記者会見を行う予定。

 森福は11月4日にFA権を行使し、11日に巨人と交渉し「自分を必要とされる気持ちが伝わってきたし、声を掛けてくれたのもうれしかった」と話した。ソフトバンクには「首を覚悟した時もあったが、成長させてもらった」と涙ながらに感謝の言葉を口にした。

 森福は愛知・豊川高からシダックスを経て、2007年に大学生・社会人ドラフト4巡目でソフトバンクに入団。通算384試合登板で16勝14敗18セーブ125ホールド、防御率2・45。今季は50試合を投げ、2勝1敗、防御率2・00だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月1日のニュース