オリックス 自由契約・斎藤捕手にスコアラー転身オファー

[ 2016年11月29日 08:20 ]

オリックスから自由契約となった斎藤
Photo By スポニチ

 オリックスが今季限りで自由契約にした斎藤俊雄捕手(32)に球団スコアラーへの就任を要請していることが分かった。

 今季チーム付きスコアラーを務めた高橋光信氏が打撃コーチに転身したこともあり、補充案が浮上。斎藤は現役を引退する形になるが前向きに検討している模様で、スタッフへの転身は確実視される。

 オリックスは今季からスコアラーの担当制を導入するなど人員を大幅増員。すぐにはチーム成績に反映されない部分もあったが、球団内では「意味のあるデータは取れている」と評価する声が上がっていた。来季も担当制を維持する方向で、今季までのプロ12年間で横浜(現DeNA)、ロッテを含む3球団で捕手を務めた斎藤の眼力への期待は大きい。今後、各担当を正式に割り振りする見通しだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月29日のニュース