ヤクルト風張、結婚していた…「花子とアン」女優・松岡亜由美と

[ 2016年11月27日 05:30 ]

8月に結婚していたことが分かったヤクルトの風張と女優の松岡亜由美
Photo By 提供写真

 ヤクルトの風張蓮投手(23)が女優の松岡亜由美(29)と結婚していたことが26日、分かった。半年間の交際期間を経て、8月8日に婚姻届を提出。すでに都内で新婚生活を送っている。姉さん女房を生涯の伴侶とし、来季は1軍定着を目指す。

 風張はマウンドでは強気の投球が身上でこわもて。それが、結婚の話になると、表情がほころんだ。「おっとりしているけどしっかりした部分もある。優しいし一緒にいて落ち着きます。手料理は何でもおいしい。特にハンバーグは大好きです」と笑顔でのろけた。

 ともに岩手県出身。昨年7月に共通の知人を通じて知り合った。名所など「地元トーク」に花が咲いて急接近。今年2月の春季キャンプから帰京した後に交際が始まった。亜由美夫人は大きな瞳に端正な顔立ちが魅力の美人女優。ドラマ、映画、舞台、CMと幅広く活動し、NHKの連続テレビ小説「花子とアン」にも出演経験がある。風張と交際後は1軍、ファームの登板試合に足しげく通い、自宅で得意の手料理を振る舞うなど献身的に支えている。

 風張はプロ2年間で未勝利と本来の力を発揮できていないが、最速151キロの直球にスライダー、フォークを織り交ぜる投球術で潜在能力は高い。「結婚して自分のことだけをやればいい立場じゃない。来年は与えられた場所で結果を残し続けて1軍に1年間定着したい」。愛妻のためにも結果を出す。

 ◆風張 蓮(かざはり・れん)1993年(平5)2月26日、岩手県生まれの23歳。伊保内では甲子園出場なし。東農大北海道オホーツク1年春からベンチ入りし、1、3年時に大学選手権に出場。リーグ戦通算は16勝3敗、防御率1・69。14年ドラフト2位でヤクルト入団。15年5月3日の広島戦で1軍デビューした。1メートル82、88キロ。右投げ右打ち。

 ◆松岡 亜由美(まつおか・あゆみ)1987年(昭62)4月1日、岩手県生まれの29歳。14年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」に女学生役でレギュラー出演。CM、舞台などでも活躍。特技・趣味は料理、ダンス(ムーンウオーク)、バドミントン、DVD観賞、ドラゴンボールのグッズ集め。身長1メートル65、血液型O。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年11月27日のニュース