巨人 坂本1億円増の3億5000万円、初の首位打者「個人的には納得」

[ 2016年11月24日 16:38 ]

大幅アップで契約を更改し笑顔の巨人・坂本
Photo By スポニチ

 巨人・坂本勇人内野手(27)が24日、東京・大手町の球団事務所で契約交渉に臨み2億5000万円から1億円アップの3億5000万円でサイン。現時点で未更改の村田の年俸3億円を上回り、日本人選手ではチーム最高年俸となった。

 プロ10年目の今季はキャリアハイの打率・344で初の首位打者を獲得。セ・リーグでは史上初の遊撃手の首位打者となり、最高出塁率・433もマークした。「個人的には納得いく数字が出た。でも何ゲームも離されて優勝を逃している」と悔しさ。技術面では軸足の右足に体重を残す低重心で、左足の上げ幅を抑える打撃フォームへのスタイルチェンジが成功。「来年はホームラン打点はもっともっとやれるんじゃないかなと思う」とさらなる飛躍を誓った。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月24日のニュース