DeNA 荒波、3300万円でサイン 悔しさにじませ「いない時期が長かった」

[ 2016年11月24日 14:30 ]

 DeNAの荒波が24日、700万円減の年俸3300万円で契約を更改した。今季は5月に2軍落ちすると9月まで1軍に上がれず、36試合の出場で打率1割9分5厘、0本塁打、7打点。「いない時期が長かった。しっかり1年間頑張ってやらないといけない」と悔しさをにじませた。

 また、下園は主に代打として67試合に出場し、打率2割7分、1本塁打、14打点で、現状維持の年俸2300万円でサインした。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月24日のニュース