巨人・亀井、2000万円減「何ひとついいことなかった年」

[ 2016年11月24日 13:07 ]

ダウンで契約更改し唇をかむ亀井
Photo By スポニチ

 巨人・亀井善行外野手(34)が24日、東京・大手町の球団事務所で契約更改に臨み年俸7000万円から2000万円減の年俸5000万円でサインした。

 「1年間、働けていない年が続いている。何ひとついいことがなかったし思い出したくないくらいの年だった」。今季は66試合の出場と昨年の109試合から大幅減。「今年は最初に“控えでも”と言ったけど、そういう気持ちではダメ。もう一度、レギュラーを目指してやりたい」とした。また、巨人は亀井でこの日予定されている10選手のうち5選手が契約更改を終え、すべてダウン提示でサイン。阿部の6600万円ダウンを筆頭に減額制限を超えた片岡の2600万円ダウンなど、5選手の減俸総額が1億4000万円を上回った。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月24日のニュース