今季3度の2軍降格…中日・福谷 先発転向へ2000球超投げ込み

[ 2016年11月24日 09:00 ]

中日の福谷
Photo By スポニチ

 来季の先発転向も視野に入れる中日・福谷が23日、自主トレでナゴヤ球場を訪れ、沖縄北谷での秋季キャンプでは総計2000球超を投げ込んだことを明かした。

 「投げ込みをテーマにやりました。2000は超えました」。20日まで約3週間のキャンプでは最多で300球超えの日も。秋に同等の投げ込み調整に取り組んだのは慶大以来、4年目を終えたプロでは初めてだ。

 開幕当初は抑えを任された今季は不振で8セーブどまり。中継ぎへ配置転換された上に3度の2軍降格があり、最後も2軍だった。志願参加した宮崎フェニックス・リーグではプロ最長の4イニング登板も経験。「2年連続で悔しいシーズンになった。(先発と中継ぎ)どちらでもできるようにとまではいかないけど、関係なく必要なスキルをつけていきたい」。オフも肩を休ませず、ネットスローやブルペン投球を継続していく考えだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月24日のニュース