オリ金子 阪神移籍の糸井と対戦熱望「しっかり抑えたい」

[ 2016年11月24日 09:20 ]

来季の新ユニホームを披露する(左から)安達、金子、T―岡田
Photo By スポニチ

 オリックスは23日、京セラドームで「Bs Fan―Festa 2016」を開催し、金子千尋投手(33)が阪神移籍を決断した糸井との対戦を熱望した。

 「糸井さんが日本ハムの時から対戦しているので、そこまで変なイメージはないですね。しっかり抑えたいと思います」

 08~11年までの4年間で通算35打数7安打、1本塁打、打率.200、9奪三振。数字の上では好相性に見えても「本塁打を打たれている記憶もあるし、そこを打つか、というのもある」と闘志を燃やした。糸井が「打ちます!」と応じたことを報道陣から伝え聞くと、「そう言う時は絶対に打つ人なんで」と警戒。味方として頼もしかった存在が来季からは敵となることを改めて自覚した。

 対戦が予想される交流戦は6月6日からの京セラドーム3連戦。「交流戦は個人的な対戦はできないですが、オープン戦なら余裕があるので。直球勝負は打者に有利なので、真っ向勝負というより真剣勝負をしたい」と思い描き、「一番良い形でシーズン終盤に対戦できたら」と日本シリーズでの激突を望んだ。   (湯澤 涼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月24日のニュース