巨人ドラ7廖任磊 2メートル超え巨体にファンどよめいた

[ 2016年11月24日 05:30 ]

巨人ファンフェスタ ( 2016年11月23日    東京D )

新入団選手発表で記念撮影に納まる(前列左から)廖任磊、高田、谷岡、吉川尚、高橋監督、畠、池田、大江(後列左から)松沢、高山、坂本工、加藤、高井、山川、松原、堀岡
Photo By スポニチ

 巨人ファンフェスタの中でドラフト1位・吉川尚(中京学院大)ら15選手が入団会見に臨んだ。

 台湾出身の7位・廖任磊(リャオレンレイ)がお立ち台に上がると2メートル1、125キロの巨体にどよめきが湧いた。ど迫力ボディーになった理由を「中学生まで夜9時に寝て、牛乳をたくさん飲んでいた」と説明。寮のベッドは外国人サイズとし、それでも小さければ特注にするという。「配球など、阿部さんに日本の野球を学びたい。阿部さんは台湾でもとても有名」と弟子入りを望んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月24日のニュース