陽岱鋼 惜別の涙 2軍時代から一緒の中田「凄く寂しい」

[ 2016年11月24日 05:30 ]

日本ハム「ファンフェスティバル2016」 ( 2016年11月23日    札幌D )

涙をぬぐって、会場をあとにする陽岱鋼
Photo By スポニチ

 移籍を前提に日本ハムから国内FA権を行使した陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)が閉会式で惜別の涙を流した。

 「(ファンから)“ありがとう”と言われて涙が出てきた」。12年までの背番号24のユニホームを着用したファンの姿も多く「この球場、このユニホームが陽岱鋼を育ててくれた。感謝です」。オリックス、楽天などが獲得に積極的だが、移籍先については「代理人に任せている」と言葉を濁した。中田は「2軍時代からずっと一緒だった先輩なので凄く寂しい」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月24日のニュース