サイ・ヤング賞投手ポーセロ WBC不参加の意向「チームを最優先」

[ 2016年11月21日 09:23 ]

レッドソックスのリック・ポーセロ投手 (AP)
Photo By AP

 レッドソックスのリック・ポーセロ投手(27)が来年3月に行われるWBCに参加しない意向を明らかにした。ボストンの地元ラジオ局WEEIが18日に伝えた。

 今季のポーセロはリーグ最多の22勝をマークして自身初のサイ・ヤング賞を獲得。チームの地区優勝に大きく貢献したが、WBC米国代表としてその雄姿が見られることはなさそうだ。その理由としてポーセロ本人はレッドソックスでのプレーを最優先させたいこと、さらに、自分はゆっくりと調整するタイプで3月の早い段階に良いパフォーマンスを発揮できないことを挙げている。

 WBC米国代表にはナ・リーグのサイ・ヤング賞投手であるナショナルズのシャーザー、また、レイズのエースとして活躍するアーチャーがすでに参加を表明。野手では2年連続で本塁打と打点の2冠に輝いたロッキーズのアレナド、オリオールズの主軸ジョーンズも代表入りの意思を明らかにしている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年11月21日のニュース