元作新学院高野球部監督 山本理氏死去 江川卓氏を指導し甲子園へ

[ 2016年11月19日 23:00 ]

 元作新学院高野球部監督の山本理(やまもと・おさむ)さんが19日午前2時ごろ、病気のため宇都宮市内の自宅で死去、83歳。宇都宮市出身。葬儀・告別式は24日午後1時半から宇都宮市上欠町719の1、宇都宮市悠久の丘で。喪主は長女真理(まり)さん。

 栃木・作新学院高の監督、部長としてチームを率い、62年に史上初となる甲子園大会の春夏連覇を達成した。73年には「怪物」と呼ばれた江川卓投手を擁し、春夏連続出場。その後は総監督に就任し、チームを支えた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年11月19日のニュース