阪神 ゴメスらに戦力外通告、球団本部長「期待したほどではなかった」

[ 2016年11月15日 16:34 ]

阪神のゴメス

 阪神は15日、マウロ・ゴメス内野手(32)、コーディ・サターホワイト投手(29)、マット・ヘイグ内野手(31)、ネルソン・ペレス外野手(29)の外国人4選手に対し、この日までに来季契約を更新しない旨を伝えたことを発表した。

 高野栄一球団本部長(53)は「ゴメス選手に関しては3年目の一塁手の外国人として大いに期待したが、期待したほどではなかった」などと説明した。

 ランディ・メッセンジャー投手(35)、マルコス・マテオ投手(32)は残留が決定的。ラファエル・ドリス投手(28)に関しては保留の状態という。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年11月15日のニュース