侍ジャパン 代打・大谷が仰天“天井消え二塁打”、02年には松井が記録

[ 2016年11月13日 20:26 ]

侍ジャパン強化試合 ( 2016年11月13日    東京D )

<オランダ・日本>7回無死、代打・大谷が天井の隙間に飛び込む二塁打を放つ

 侍ジャパンの大谷翔平投手(22=日本ハム)が仰天の“天井消え二塁打”を放った。

 6点を追う7回、代打で登場すると、右腕フロラニスの3球目、内角高めのボール球を引っ張ると、右翼方向に高く上がった飛球は天井の隙間に飛び込み、落ちてこなかった。

 悠々とベースを一周した大谷。判定は二塁打となり、ゲーム再開となった。

 東京ドームでは2002年7月18日に当時巨人の松井が横浜(現DeNA)戦で天井の隙間に打球を放ち、二塁打となったことがある。また、1990年6月6日には当時近鉄のブライアントが日本ハム戦で中堅上の天井スピーカーに直撃させ本塁打と認定された。

 日本は大谷の一打で打線に火が付くと、6長短打でこの回、6点を奪い同点に追いついた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2016年11月13日のニュース