青木は正外野手候補 アストロズGMが打撃など評価

[ 2016年11月9日 10:05 ]

今季マリナーズでプレーした青木。来季はアストロズへ(AP)

 アストロズのルノー・ゼネラルマネジャー(GM)は8日、GM会議が行われている米アリゾナ州スコッツデールで、ウエーバーにより獲得した青木について「三振と本塁打が多い打線に異なる要素をもたらしてくれる。うちのチームにうまくはまるだろう」と改めて期待を寄せた。

 同GMは青木の左右に打ち分ける打撃や出塁率を評価し、正外野手の候補に挙げた。これから交渉に入る契約については「弊害はない。スムーズにいくだろう」と楽観的な見方を示した。

 代理人のバレロ氏は、アストロズは過去にも青木の獲得に乗り出したことがあると明らかにした上で「フリーエージェント(FA)になるよりも、年俸調停の権利を得た方がいい契約ができると考えた」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月9日のニュース