広島 最多4人GG賞 石原37歳1カ月でセ野手最年長初受賞

[ 2016年11月9日 05:30 ]

三井ゴールデングラブ賞 ( 2016年11月8日 )

広島の石原

 広島からは球団最多タイとなる4人が選出された。

 石原は37歳1カ月で、セ・リーグ野手では初受賞の最年長記録となり「まさか選ばれると思っていなかった」と感激。球団の捕手では96年の西山以来20年ぶり2人目で「一番獲りたい賞だった。これからも選んでいただけるように頑張っていきたい」と話した。同じく初受賞の22歳・鈴木は高校時代は投手。今季加入した河田外野守備走塁コーチのもとで急成長した。「信じられない」と声を弾ませ「捕球とかはそんなにうまくない。ただ肩の強さには自信がある」と強肩を侍ジャパンでもアピールする。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月9日のニュース