ロッテ 奪三振数アップを厳命「自分の“顔”になる球を…」

[ 2016年11月9日 05:30 ]

 ロッテの落合投手コーチが投手陣に「うちは三振が少ない。投手陣に決め球をつくりなさい、自分の“顔”になる球をつくりなさい、と言っている」と奪三振数アップを厳命した。

 今季チームの奪三振はリーグ最少の855。1位のソフトバンクとは303差、4位タイの西武、オリックスにも101差をつけられた。イニング数を上回る三振を奪ったのは32回1/3で34個の内だけ。三振を奪える決め球を取得するのが今秋の課題だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月9日のニュース