オリ 糸井に4年18億円用意も“流出対策”陽岱鋼獲り

[ 2016年11月1日 05:30 ]

30日夜、ロッカー整理を終えて引き揚げる陽は大勢の報道陣に囲まれる

 プロ野球のフリーエージェント(FA)権有資格者が権利を行使するための手続き期間が31日、スタート。オリックスは4年総額18億円の破格条件で残留を要請している糸井嘉男外野手(35)が、国内FA権を行使して他球団に移籍した場合、日本ハム・陽岱鋼外野手(29)の獲得を目指すことが分かった。陽岱鋼は移籍を前提にFA権を行使することが濃厚で、楽天などとの争奪戦に発展することは必至。日本シリーズが終わった球界は、FA戦線が一気に熱くなってきた。 FA有資格選手

 最悪の事態を想定し、水面下で陽岱鋼の獲得へ動く方針を固めた。ある球団幹部は「糸井のことも含めて、いろいろなことを予測して準備しないといけない。調査は進めている」と明かし、ポスト糸井の有力候補として認めた。

 台湾出身の陽岱鋼はゴールデングラブ賞3度の外野守備に加え、13年に盗塁王を獲得した走力、さらに14年に自己最多25本塁打をマーク。今季も打率・293、14本塁打で日本ハムの10年ぶり日本一に大きく貢献した。打率・306、17本塁打、53盗塁で盗塁王も獲得した糸井に代わる人材として最適といえる。

 また、中堅を守れる選手として関心を寄せていた中日・大島が残留表明したことで、今季取得した国内FA権を行使することが濃厚な陽岱鋼の動向に注視する。福良監督にとっては、07年に就任した日本ハム2軍監督時代から、ヘッドコーチとして12年まで指導した教え子となる。シーズン中も対戦した際には必ずあいさつを交わし、談笑もした。獲得へ大きなプラス材料となりそうだ。

 あす2日には長村裕之球団本部長が都内のオリックス本社を訪れ、宮内義彦オーナーと会談する予定。糸井との残留交渉の進捗(しんちょく)状況などを含めて現状把握に努めるとみられる。最優先は糸井の流出阻止で、当初3年12億円とみられた条件を4年総額18億円前後まで上積みされた。長村球団本部長は「最大の誠意をお伝えした」と引き留めに全力を尽くし、福良監督も「一度話はすると思う」と直接慰留に乗り出す考えだ。

 FA申請解禁初日は糸井から球団に連絡はなかった。決断を待ちながら、水面下では有事への準備を整えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年11月1日のニュース